⇒【必見】ホテル代を数万円安くする方法とは?

W台北の宿泊記!マリオット系最高級ホテル!

W台北の宿泊記!マリオット系最高級ホテル!

マリオットグループのホテルで最高峰、そして台湾のホテルの中でもナンバー1を争うW台北に妻と宿泊してきました。

今回は、そのW台北の宿泊レビューをします!





W台北の宿泊記

W台北へのアクセス

W台北は台北101があり台湾の中でも高級街の信義区というエリアにあります。

そのW台北の最寄駅は、台北MRT(地下鉄)市政府駅で、ホテルの建物と駅は直結しているためアクセスは非常に良いです。

ただし駅から1度も外に出ずにホテルに入ることも可能ですが、中から行こうとすると入り口がわかりずらいので、1度外に出てW台北のメインエントランスからホテルに入る方がわかりやすくおすすめです。

ちなみにW台北が入っているビルの中には日本のデパート阪急も入っています。


チェックイン・チェックアウト

フロントは建物の10Fにあり、大人な雰囲気が満ち溢れています。

マリオット最高峰のホテルだけあって、スタッフさんの接客態度はとても素晴らしかったです。

チェックイン時間は15:00から、チェックアウト時間は12:00までです。

部屋(ワンダフルルーム)

今回私と妻が宿泊した部屋がW台北のワンダフルルームです。

久しぶりに部屋に入った瞬間感動しました。

並みの高級ホテルでは比較ならないレベルのモダンラグジュアリー感溢れる部屋です。

部屋に入ってから数分妻とずっと「おーーー(すごい)」とばかり言っていました。笑

この部屋は2つのベットがありますが、どちらもシングルではなくダブルベットです。笑

ベットの寝心地も最高でした。

ミニバーもすごく充実しています。

無料のペットボトルの水も部屋の中には計6本ありました。

ここらへんケチらないところがさすが最高級ホテルです。

トイレ

トイレは完全個室です。

バスルーム(お風呂)

バスルームは、シャワースペースとバスタブ(お風呂)が別々なので、お風呂にゆったり浸かることも可能です。

アメニティ

バスアメニティは、blissというメーカーで初めて見ました。

またアメニティとして珍しく洗顔も置いてありました。

景色も綺麗

部屋からの景色も非常に良かったです。

W台北のwifi環境

W台北の部屋には無料のwifiが備わっています。

ただ日本から台湾に来る方であればレンタルwifiは必須アイテムなので事前に必ずレンタルして台湾に行きましょう!

 

【チェックすべき海外WiFi】

グローバルWiFi公式サイト

イモトのWiFi公式サイト

 

ジムは24時間営業

W台北にはジムーやプールもあり、今回私はジムを利用しました。

ジムは24時間営業なので、夜型の私としては非常に嬉しかったです。

器具も最新のものがたくさん置いてありました。

W台北のレビュー動画

ホテル旅!公式Youtubeチャンネルにて私が撮影したW台北の動画を投稿してあります。写真だけではわからないホテルの雰囲気がわかる動画になっているので、合わせてご覧ください。

↓また今後の動画投稿の励みに繋がるのでチェンネル登録もしていただけると嬉しいです↓

W台北に格安で泊まるなら


画像引用元:Hotels.com公式サイト

W台北に格安でお得に泊まるなら、実際に私も台湾のホテル予約で利用しているHotels.comがおすすめです。

Hotels.comは他のサイトとは異なり無料会員になるだけでシークレットプライスという特別な割引を利用することができます。さらにHotels.comを利用し10泊すると1泊分の無料宿泊特典をもらうこともできます。

またHotels.comをある一定以上使い続けるとHotels.comのシルバー会員ゴールド会員になることができ、限定セールやウエルカムギフトなどの特別なサービスを受けることもできます。

 

W台北

各サイトの料金を比較

  • おすすめ

    会員限定割引あり!

    10泊で1泊無料!

  • 世界最大の予約サイト

    タイムセールは注目!

  • 最低価格保証付き!

    クーポンでお得に宿泊!

まとめ

心から楽しめそして満足できる1泊を過ごすことができました。

今年の後半か来年にはマリオットリワードのプラチナチャレンジをしたいと考えているので、そのタイミングでまた泊まりに行こうと思います。



ホテル代を数万円安くする方法

CTA-IMAGE ホテル代は予約サイトや宿泊プランによって大きく異なり、何も考えず予約すると実は数万円損している可能性があります。
そこで毎月ホテルに宿泊している私がどの予約サイト・どのプランで予約すれば格安・最安値で予約できるのか教えます。

台北-部屋カテゴリの最新記事