⇒【必見】ホテル代を数万円安くする方法とは?

Booking.com(ブッキングドットコム)を使うメリット・デメリット

Booking.com(ブッキングドットコム)を使うメリット・デメリット

世界ナンバー1の宿泊予約サイトBooking.com(ブッキングドットコム)

誰もが1度は使ったことがあると言っても過言でないぐらい有名な宿泊予約サイトですが、今回はそのBooking.com(ブッキングドットコム)のメリット・デメリットを私なりの観点で解説します。

 

Booking.com(ブッキングドットコム)のメリット

掲載数が世界トップクラス

Booking.com(ブッキングドットコム)には掲載されていない宿泊施設が無いのではというぐらいホテルや宿泊関連施設が掲載されています。

各国主要都市では他の宿泊予約サイトでもかなり掲載数は充実していますが、地方やマイナーな国に行く場合は非常にメリットです。

Genius会員

一定期間内にBooking.com(ブッキングドットコム)を使い5泊以上するとGenius会員というBooking.comの上級会員になれます。

Genius会員になると対象ホテルの宿泊費が10%OFF、アーリー・レイトチェックアウト、ウエルカムドリンクなどのサービスを受けられます。

⇒Genius会員の詳細はこちら

クレカでもGenius会員になれる



また三井住友が発行するBooking.comカード(年会費無料)を利用することで無条件でこのGenius会員になることが可能です。

⇒Booking.comカードの詳細はこちら

Booking.com(ブッキングドットコム)のデメリット

Booking.com(ブッキングドットコム)のデメリットは特質してすごい特典がないことです。

他の宿泊予約サイトでは会員グレードアップ・クーポン・ポイントシステムなど特色あるさまざまな特典があるのに対してBooking.com(ブッキングドットコム)ではGenius特典を除くと宿泊施設の掲載数が多いことぐらいしかメリットがありません。

また他の予約サイトと比較して宿泊費は高く、最近では現地決済も他の予約サイトで当たり前のようにできます

Booking.com(ブッキングドットコム)はたしかにすごいデメリットがある宿泊予約サイトではありませんが、その代わり心から使ってみたくなるようなメリットもありません。

 

まとめ


画像引用元:Booking.com公式サイト

Booking.com(ブッキングドットコム)はマーケティング、ブランディング、広告戦略がすごく上手なゆえに現在世界ナンバー1の知名度があります。

利用者側から見ても大手予約サイトだからという理由で安心感を持って使える宿泊予約サイトです。

しかし欠点はないものの特に優れて特典がある宿泊予約サイトではありません。

そのためもし私がBooking.comを誰かに勧めるのであれば、地方やマイナーな国に行く方もしくはホテル予約に慣れてない・年に1,2回しかホテル予約をしないライトユーザーの方だけですね。

 

ホテル代を数万円安くする方法

CTA-IMAGE ホテル代は予約サイトや宿泊プランによって大きく異なり、何も考えず予約すると実は数万円損している可能性があります。
そこで毎月ホテルに宿泊している私がどの予約サイト・どのプランで予約すれば格安・最安値で予約できるのか教えます。
また合わせて高級ホテルに無料で泊まれるようになる魔法のクレカも教えます!

ホテル予約カテゴリの最新記事