⇒ホテル予約は前払い・後払い(現地払い)どっちが良いのか?

SPGアメックスカードのデメリットはこの2つだけ!

SPGアメックスカードのデメリットはこの2つだけ!

SPGアメックスカードのデメリットについてネット上にはたくさんの記事があり、そこにはメリットかデメリットかわからないような書き方で情報がたくさん書かれていて結局なにがデメリットかわからない記事が多すぎです。

今回はSPGアメックスカードホルダーの私が、SPGアメックスカードのたった2つのデメリットについてお話します。

 

 



SPGアメックスカードのたった2つのデメリット

SPGアメックスカードのデメリットは大きく以下2つです。

 

海外で使えるお店が限定される

日本ではJCBと提携しているため基本的にどこでも使えるアメックスですが、海外だと利用できるお店が限れるのはデメリット。

そのためSPGアメックスカードを持つ場合は、VISAやMastercardのクレジットカードと併用して持つことが必須です。

とはいえ高額決済ができるところに関しては海外でもだいたいアメックスが使えるので、ポイントを貯めることに関しては影響は少ないです。

 

申し込み直後の振替口座の設定がめんどくさい

これもSPGアメックスカードだけの話ではないですが、アメックスは入会直後、銀行の口座振替の設定は郵送で送られてくる指定の紙に書いてアメックスに返送しないと設定できない点は非常にめんどくさいです。

カード自体はすぐに送られてきてすぐに使えますが、口座振替の設定ができていない状態だと、カード決済した場合自動で引き落としができず銀行に振り込みにいかないといけなくなる点は、すごく手間なので改善してほしいです。

 

SPGアメックスカードのデメリットは以上。

え、これしかないの?というかこれってSPGアメックスカードのデメリットじゃなくてアメックス自体のデメリットじゃない?

と思うと思いますが、はっきり言ってSPGアメックスカードの特徴的なカード機能や特典に関するデメリットはありません。

⇒SPGアメックスカードの公式ページを見てみる

 

よく一般的に言われるSPGアメックスカードのデメリットへの反論

よくネットの記事等でSPGアメックスカードのデメリットとして取り上げられていることの内、特に目立つ2つのデメリット(年会費・泊まるホテルがマリオットばかりになる)について、SPGアメックスカードホルダー私が反論します。

 

年会費が高い

まずよく書かれているのが、高額な年会費。

たしかにSPGアメックスカードの年会費は、税別で31,000円するので他のカード比較すると高いです。

 

しかしこのカードの備わっている特典を見れば、いかにこのカードが年会費以上の価値があるのかわかります。

 

この中で特に年会費に関連して触れておきたいのが、3つあります。

それが私が上に記載した特典の上位3つ(ゴールド会員無料宿泊特典入会キャンペーンボーナス)です。

 

無条件でマリオットゴールド会員に

通常マリオットでゴールド会員(ゴールドエリート)になるには年間で25泊しないといけません。

マリオット系のホテルで25泊すると泊まるホテルにもよりますが、安めに抑えても40万円前後はします。

その特典がSPGアメックスカードに入会するだけで無条件で手に入ると思うと年会費3万円弱はかなり安いです。

⇒マリオットゴールド会員の詳細を見る

 

カード更新時に無料宿泊特典付与

SPGアメックスカード更新時には、マリオットのカテゴリー6(50,000ポイントまで)のホテルまでにはなりますが、無料宿泊特典が付与されます。

たとえばカテゴリ6の一例として東京ではウェスティン東京、大阪では大阪マリオット都ホテルがありますが、これらホテルは1泊4万円前後します。

つまりカード更新時のこの無料宿泊特典だけで、入会翌年からは年会費分の元が取れてしまいます。

⇒無料宿泊特典の詳細を見る

 

入会キャンペーンで100万円分のポイントを獲得できる

入会初年度の入会直後3ヶ月以内にSPGアメックスカードを使って10万円決済すると、通常100万円決済しないと手に入らない30,000ポイントを獲得できます。(100円で3ポイント貯まる)

1ヶ月3万円ちょい利用すれば達成できると考えると達成難易度も低く、このポイントを獲得してしまえば、初年度でも十分容易に年会費分の元は取れます。

⇒SPGアメックスカードの入会キャンペーンページを見る

 

宿泊先のホテルがマリオットばっかりになり出費が増える

これもSPGアメックスカードのデメリットとしてよく挙げらますが、カード入会後泊まるホテルがマリオット系のホテルばっかりになり出費が増えると言う方が多少なりいます。

たしかにマリオット系のホテルに泊まれば、ボーナスポイントが25%ほど付くためポイント貯めることだけ考えればマリオット系のホテルばかり泊まる気持ちもわかります。

ただSPGアメックスカードの真骨頂は、日常の決済でも100円あたり3ポイント貯められることです。

貯めたポイントは宿泊特典や高レートでマイルに変えられますが、私は俗に言うマイラーではないのでマイルへの移行は全く考えていませんが、普段からSPGアメックスカードを使って自然と貯まったポイントで、リッツカールトンとかに宿泊できるだけでもすごく幸せです。

 

→結論何が言いたいかというと、別にSPGアメックスカードに入会したからと言って、ボーナスポイント目当てで無理してマリオット系のホテルに泊まる必要はないです。

(マリオット系ホテルじゃないホテルに宿泊してもSPGアメックスカードで宿泊費分を決済すれば、その分のポイントは貯められます)

 

まとめ

SPGアメックスカードのデメリットについてお話しました。

結論SPGアメックスカードは最強なので入会を勧めます。

 

 



ホテル代を数万円安くする方法

CTA-IMAGE ホテル代は予約サイトや宿泊プランによって大きく異なり、何も考えず予約すると実は数万円損している可能性があります。
そこで毎月ホテルに宿泊している私がどの予約サイト・どのプランで予約すれば格安で予約できるのか教えます。

SPGアメックスカテゴリの最新記事