⇒【必見】ホテル代を数万円安くする方法とは?

Expedia(エクスペディア)を使うメリット・デメリット

Expedia(エクスペディア)を使うメリット・デメリット

Booking.comに継ぐ世界第2位の宿泊予約サイトがExpedia(エクスペディア)です。

Expedia(エクスペディア)のロゴを見ていただくとわかりますが、他の宿泊予約サイトとは異なり航空券に力を入れているサイトです。

今回は、そのExpedia(エクスペディア)を使うメリット・デメリットについて解説します。

 

\最大全額OFF/
 

Expedia(エクスペディア)のメリット

航空券とホテルを合わせて予約するとお得(Add On)


画像引用元:Expedia公式サイト

Expedia(エクスペディア)の最大の特徴が航空券とホテルを合わせて予約することでホテルの宿泊代を最大半額にするAdd onというサービス(以前はAir+割というサービス名)。

しかも出発日前であれば、ホテルを後で予約してもホテル宿泊代が割引対象になるため航空券とホテルを別々のサービスで予約することに手間を感じる方にはかなり良いサービスになっています。

ちなみにExpedia(エクスペディア)の航空券の費用は格安です。

⇒Add onの詳細はこちら

 

セールが充実!ホテル代もしくは航空券が最大全額OFF


画像引用元:Expedia公式サイト

Expedia(エクスペディア)は他のサイトと比較しても期間限定のセールが頻繁に行われているため、期間内に泊まりたいホテルがあれば宿泊費を割安で予約できます。

Add Onと比較すると対象ホテルは少ないもののホテル代もしくは航空券費用の全額無料になるセールはExpedia(エクスペディア)しかないでしょう。

【現在開催中のセール一覧】

 

ANA・JALマイルが貯まる

Expedia(エクスペディア)を通して航空券を予約してもANA・JALマイルを貯めることができます。

マイルの貯め方は他の方のブログ記事で丁寧に解説されているので以下リンクより確認してください。

⇒Expedia(エクスペディア)でのマイルの登録・貯め方

 

現地払いできるホテルも多い

以前は現地払い言ったらBooking.comが有名でしたが、Expedia(エクスペディア)も現地払いできるホテルが多いです。

会員ランク(シルバー・ゴールド会員)が上がりやすい

他のサイト同様にExpedia(エクスペディア)にも会員グレードシステムがあります。

グレードはシルバーとゴールドのみとシンプルなシステムになっていて、最上級のゴールド会員にはたった15泊するだけでなることが可能です。

ちなみにゴールド会員になると以下のような特典を受けられます。

  • 提携ホテルの無料アップグレード
  • 提携ホテルのアーリーチェックイン・レイトチェックアウト
  • ウェルカムサービス
  • ボーナスポイント付与

最近ではExpedia(エクスペディア)傘下のHotels.comとの上級会員(シルバー・ゴールド)特典を同じように調整したせいなのか提携ホテルの数が増えていて今まで以上に会員特典を利用できるホテルが増えました。

⇒Expediaの会員システムの詳細はこちら

 

また無料会員登録をするだけでも10%以上割引になるホテルがあるためホテルを探す際は無料会員登録をしExpedia(エクスペディア)にログインしてから探すことをおすすめします。(会員登録作業は5分もかかりません)

⇒無料の会員登録はこちら

 

東京ディズニーオフィシャルホテルに格安・最安値で泊まれる

先日妻と東京ディズニーオフィシャルホテルのうちの1つヒルトン東京ベイに宿泊しましたが、実はこのExpedia(エクスペディア)は旅行会社を除いた宿泊予約サイトの中では最も安く予約できるサイトです。

旅行会社を通さず東京ディズニーオフィシャルホテルに泊まりたい方はExpedia(エクスペディア)で予約することをおすすめします。

⇒Expediaの東京ディズニーリゾートプランを見る

 

クレジットカードのクーポンが豊富

VISA、マスターカード、アメックス、JCBの各クレジットカードブランドごとにExpedia(エクスペディア)の宿泊費が割引になるクーポンがあります。

このクーポンを使えば10%近く料金を安くできるのでクレジットカードを持っている方は必見です。

⇒クーポン一覧はこちら

 

Expedia(エクスペディア)のデメリット

表の料金に税金やサービス料金が含まれていない


画像引用元:Expedia公式サイト

Expedia(エクスペディア)を利用するにあたり少し使い勝手が悪いのがホテル検索時に表示される料金に税金やサービス料が含まれていないことです。

そのためそれら料金込みのリアルに支払う費用を確認するには予約一歩手前の画面にいかないといけません。

ただしトリップアドバイザーやトリバゴでExpedia(エクスペディア)の料金を見ると税込価格になっています。

ツアーが弱い

Expedia(エクスペディア)にもツアーがありますが、旅行会社のツアーと比較するとさすがに劣ります。

ツアー数が少なく料金も特に格安なわけではないので今のところExpedia(エクスペディア)でツアーを予約するメリットはありません。

海外ホテルは安くない?JTBの方が安く予約できる?


画像引用元:JTB公式サイト

日本から海外に渡航する方に限りますが、実は海外ホテルは旅行会社特にJTBで航空券とセットで予約した方が安いケースがほとんどです

Add On等のセールは確かにお得ですが、JTBと比較した場合セール対象のホテルが少ないのが現状で、格安で魅力的なプランはJTBの方が多いです。

特にJTBのツアーは空港からホテルまでの送迎付きで且つ自由行動メインのプランも多いため旅行で海外に行く人にはとても使い勝手の良いプランが豊富、また仕事でもJTBの海外ダイナミックパッケージ(ホテル+航空券)を使えばExpedia(エクスペディア)以上に費用を安くできます。

ただJTBにはExpedia(エクスペディア)のような魅力的な上級会員システムがないので頻繁に海外に行く方であればExpedia(エクスペディア)、年に1,2度しか海外に行かない方であればJTBを利用すると良いでしょう。

⇒JTBの海外プランを見る

 

まとめ


画像引用元:Expedia公式サイト

実は日本人が利用する宿泊予約サイトの中で利用率が第3位と日本でも日に日に知名度を増しているExpedia(エクスペディア)。私の友人でもExpediaを使っている人は多いです。

まだ使ってことがない人は是非1度Expedia(エクスペディア)を使ってみてください!

 

 

ホテル代を数万円安くする方法

CTA-IMAGE ホテル代は予約サイトや宿泊プランによって大きく異なり、何も考えず予約すると実は数万円損している可能性があります。
そこで毎月ホテルに宿泊している私がどの予約サイト・どのプランで予約すれば格安・最安値で予約できるのか教えます。
また合わせて高級ホテルに無料で泊まれるようになる魔法のクレカも教えます!

ホテル予約カテゴリの最新記事